読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はしごたび

 

 

 

 

本日2017年4月1日、ちばくんのイベントのハシゴというものを初めて行いました。

 

 

 

 

ただ一言「しあわせ」

 

 

もうこの言葉以外の何物でもないです。

 

 

 

 

 


カレンダーイベント、今年はもうむりかなぁと思っていたんですよ。そこに急遽朗報が舞い込んできて。

 

 

 

 

 

わたし、個人的なお話なんですけど、今年は就職活動の年だから、この日に説明会や選考が入ればそれまでだし、行けるかなぁと不安だったのだけれど、なんとか行けることができて。本当に運がいい。

 

 

 

 


ただ午前中にね、学校の新年度健康診断があったから1度都内を出ての1日のスタートだったので、時間がうまくいくかが少し不安でした。カレイベの参加票受け取っていないし、舞台挨拶のチケットも発券していないし。どちらもスムーズにいったわけだけども。

 

 

 

 

 

 

 

カレンダーイベントは、あっけないというか、さらっとした気持ちで始まった。

 

 

とにかく実感がないイベントの幕開けでした。きのうの夜まで就活のことで頭いっぱいだったし、あすの朝からもまた、スーツの生活に戻るんだろうなぁと考えつつ、ちばくんに会えるんだとも思いつつ、伝えたいことまとめてないなぁなんてぼうっとしてました。

 

 

 

 


会場に着いてすぐ、フォロワーさまが声をかけてくれて、気持ちを落ち着かせてから列に並ぶことに。

 

 

 

 


そういえば去年はどんな気持ちでカレイベに臨んだのかなと気になったので、去年の記事を読み返してみたよ。ベースの気持ちは変わってないみたいで、安心しました、わたし。行けるときに行けるだけ、このスタンスは変えずに今後もファン続けていきたいなと思います。出演作品が増えると、イベントの参加人数が増えるのを目の当たりにすると、「あっ、なんだかもう完全に遠いな」と感じるときもないとは言い切れないし、少し寂しくなる気持ちもあるけれど、ファンを辞める理由は、今のところ見つかりません。

 

 

 

 

 

 

さて、カレイベ。

 

 


昨年はわたし、200番台だったらしいです。それが今年は700番台も後半。去年は直接お店に行って、今年はメールで申し込んだから、タイミング的には今年の方が早く申し込みしたはずなのに、あいだに500人。決して嫌だなとかではなくて、一緒に応援できる同志が増えるのは嬉しいことだと思ってる。ちばくん、「幅広い年代の方々に愛される」っていうのは、業界人から向けられる矢印だけじゃなくて、ファンからもそうなんだなぁと、つくづく思います。人柄がいいんだね、きっと。素敵なこと。

 

 

 

 

 

 

 

お話できる時間、多いよ。とどこからともなく噂が流れてきまして、何を話そうか考えれば考えるほど、伝えたいことが長くなってしまったのが難点でした。よくないとは思っていても、欲が出ちゃうからね、人間ね。

 

 

 

 

並び始めは無駄に緊張したんだけれど、階段長すぎてすぐに緊張は飛びました。「◯◯って呼んでください」とか、「△△の台詞言ってください」とか、「□□してください」とかは、わたし肝が小さくて言えないんですけれど、さすがに無言で見つめ合うのは勿体無いっていうくらいはわかるので、ない知恵一生懸命振り絞りました。

 

 

 

 

 


「(こんにちは、ぺこり)」

 

『(ぺこり)』

 

「今年もカレンダーイベント開催してくれてありがとうございました(半泣)」

 

『(首横振り)こちらこそありがとう』

 

「……(どうしよう長い!)あの…!お体に気をつけて、お仕事応援させてください…!」

 

『ありがとう(微笑)』

 

「ありがとうございます(震泣)」

 

 

 

 

 

って!!!

 

 

 

ありがとうを言い合う時には半分剥がされていたわたしでしたが、ありがとうは絶対言いたかったので言い切りました(笑) そして剥がされるわたしを最後までみていてくれたちばくん。やっぱりありがとうしか出てこない。

 

 

真剣なように頷いてくれるあの感じも、まっすぐに目を見てくれることろも、少し口角が上がる微笑み方も、仕草全てを焼き付けてきた!つもりです。

 

 

 


昨年とあんまり伝えたかった内容変わらないけど、でもこれでいいんだと思いつつ。終わった後震えが止まらなかった。

 

 

 

 


もう本当に、欲を言い始めたらキリがないんですけど、「元気にお仕事続けてくれて、それでちょろちょろとメディアに出続けて」くれればいいのです。毎回言っている気もするけど。応援し続けられればしあわせ。

 

 

 

 

当日券、最後の最後まで販売していたんですけど、今自分が就活生で交通費払うのにいっぱいいっぱいでっていう理由でやめました。ちばくんを応援するにあたって無理はしないって決めてるの。苦しくなって嫌になるっていうのが嫌だから、足りないくらいがわたしには丁度いいんじゃないかって。個人的にそういう応援の仕方、続けていきます。

 

 

 

そんなこんなでカレイベの会場を後にしました。来年はチェキ復活していますようにと、5周くらいできますようにの気持ちを込めて(笑)(結局欲張り)

 

 

 

f:id:tiiiba:20170401223244p:image

 

今年も素敵なカレイベをありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


所変わって新宿。

 

 

f:id:tiiiba:20170401231619p:image


暗黒女子の舞台挨拶です。

 

 

 

 

 

 

映画の内容は、そうだなぁ。最終的に(犯人?)は予想していた結果になったんだけど、そこにたどり着くまでの裏切りが予想外だった。裏切りの裏切りの裏切りくらいには裏切りが続いてた。

 

 

 

 

北条先生といつみに関しては、なぜだか高岡さんのターンでポッと分かってしまって。なんでだろ(笑)

 

 

 

 

 


それにしてもいつみちゃん、じゃなかった、まりえってぃ、前世でどのくらい徳を積めば、ちばくんとあんなに濃厚なこと(演技でもいいから)できますかね……

 

 

 

 

 

あれは相当積んできたね??

 

 

 

 

予告でそういうシーンがあるとは知っていたので、上演中、まだかまだかと構えていたのですが、いざ来ると、もうほんとに、ほんとに… なんというか………「ちばくん…(涙目)」ってなりました。「わたしのちばくんがーっ!」とかそういうのではなく、なんだろう、言葉での説明がし難いんだけれど、やっとこういう演技ができる年齢になったか、とか、というかそもそもちばくんってこういう演技できたんだっていう驚きとか、もう気持ちはごちゃ混ぜ。

 

 

 

 


明確になったことといえば、ちばくんの彼女になれた(なれてる・なれる)人は世界でいちばんしあわせなんじゃないかってこと。(論点ずれた笑)

 

 

 

 

え??だってあんなイケメンに抱いてもらえるんだよ?この上なくない??

 

 

わたしまず、声がすきなので、声だけでそわそわできるし、顔があんな距離にあったら爆発するんじゃないかって思えるだろうし、甘えられたあとに

 

 

 

f:id:tiiiba:20170401223831j:image

 

「先生呼び禁止」

 

 

 

 

なんて静かに制されたらたまったもんじゃない。どこでそんな技身につけたのって聞きたくなるくらい、えっちい空気が漂っていて、またひとつ、俳優さんとして大きくなったちばくんが観れた気がして嬉しかった。というより興奮しましたごめんなさい。

 

 

 

 

f:id:tiiiba:20170401223855j:image

 

 

車のこのシーンもドキッとした。

 

高麗人参ネタを上回るオスを感じられた気がする。ビバ北条先生。

 

 

 

 


映画としては、いろいろと過激だったので(特にラスト)もう1回観るというのはいいかなと思うんですけれども、役としては望月くんの次につくくらいすきかもしれない。オトナが遊んでやってるぜ感が最高。すき。

 

 

 

 

 

こみなみちゃんと志夜ちゃん、それぞれいいキャラだったし、ティナちゃんは以前に見た演技よりも上手くなっていたし、いちばん鳥肌立った。祐奈ちゃんは「……そんな役もやるのね…頑張ったね…」という印象。というか祐奈ちゃん、声めちゃくちゃかわいいね??途中、「ファンになってしまう…!」と思いました。

 

 

 

 

さゆりは、ふみかちゃんじゃなきゃできなかったんだろうなとあらためて思ったよ。不気味に笑う感じとか、見ている人からすればわざとらしく泣いてみせるところとか、さゆりの上品なのに影があるような、二面性のあるところが特に。ふみかちゃんの演技力でなければだめだったんだ。

 

 

 

 

 

 


いつみの「い〜やぁ〜だっ!」は恐らく当分頭から離れないと思う。それくらい嫌らしくて、でも可愛かった。

 

 

まりえってぃ、わたしより年下なの信じられないな。トークもうまいし、辛いことも多い期間だったろうに、それでもきちんとお仕事に向き合って、尊敬する。わたしもあんな社会人にならなきゃいけないな。

 

 

 

 

 


舞台挨拶、初めは本当にエイプリールフールのおふざけでちばくんと祐奈ちゃんのコンビが出てきたのかとおもったんだけど、いろいろなメディアをみるところ、本当に交通渋滞で他のキャストさんが遅刻してしまったと知り少し感動。

 

 

 

 

 

『明白男子』な青春ラブストーリー、観れるものならみたいです。祐ちゃん雄さんコンビ、最高に面白かった。祐奈ちゃんは本当に可愛い。天性の人を惹きつける才能をもっているのでは…?

 

 

 

 

ファッションやキスシーンについての裏話を話してくれた2人でしたが、全然違うからね!?キスしてないでしょ!??と思いつつ。楽しませてもらった。「ちばくんが会場の場を繋いでさらに盛り上げることが出来るようになるとは〜(号泣)」と感慨深かったです。

 

 

 


まりえちゃんが監督からの手紙に泣いてしまったからとのことで、キャスト陣一旦退場したんですけど、再入場の時に、イースターにちなんでか、たまごカプセルにキャスト陣のお手紙が入ったものを、投げるイベントがあったんですよ。

 

もちろんもらえなかったけど。

 

 

 

 

 

 

いつかそういうの当たってみたいなぁと、また余計な欲がでてくる…

 

 

キリがないものは捨てたいなぁ。静かにほっそりとファン続けていきたい。兎にも角にも、イベント初ハシゴの旅。とっても楽しかったです。

 

 

 

f:id:tiiiba:20170401224539p:imagef:id:tiiiba:20170401224540p:imagef:id:tiiiba:20170401224543p:image

  

声をかけてくださったフォロワーさま、ありがとうございました!またいつか、会えたらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでわたくし、ちばくんのファンはまだまだやめられそうにありません。

 

 

本当に本当に個人的な話、就職活動でめちゃくちゃ背伸びした企業も視野に入れてて。高校受験よりも、大学受験よりも、恐らく今までの人生でいちばんの背伸びだから不安もたくさんあるんだけど、ばかみたいな話、ちばくんに会えたってだけで、ものすごく、がんばる糧になるんです。次会う時にはいい報告ができますように。がんばりを表に出さないちばくんだけど、ちばくんをみるとまだまだイケるなって思うから。きょう、イベントに参加できて本当に良かった。

 

 

 

 相も変わらずまとまりのない文章ですが、悪しからず。

 

以上解散