読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるめがね

 .

 

 

 

 

10/7昭和大学の学園祭にお邪魔してまいりました。お目当はもちろんちばくんです。たらたら綴っているうちに1ヶ月ですよ。早いなあ1ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 


当日、わたしはアルバイトがあって間に合わないと思っていたのですが、お仕事終わって携帯開いて、帰路につきながらついったを見ていると、なんと開演10分前までチケットが販売されているそうじゃないですか!まだ間に合う!急げば間に合う!今から行ったら旗の台に着くのは17:40くらいだ!!!

そんなこんなでまだ売られているか、もう売り切れたかの情報も手に入らぬまま、わたしは旗の台へと向かっていました。個人的なアレなんですけど、バイト先から旗の台へ向かうには1度浜松町へ出てjrで渋谷新宿方面へ乗り換える必要がありまして。わたしの家は東京上野方面なのでほんとに、本当にそっち側のエスカレーター降りてたんです。ただ咄嗟に今年中に会えるチャンスはこれが最後かもしれないなんて思いが頭を過って(カレイベの発表されてない号泣)ふら〜ってホーム逆戻りして気づけば反対側で電車待ってました。ほんとにこういうところだけ行動力あるのよね、わたしってね。

 

 

 

 

自分の応援スタイルとしては、わたし自身を優先させる、その上で時間やお金に余裕があったら出来る限りで応援しに行く。なので、急遽決まったイベントなどに無理して合わせる必要はないと思ってるし、けど勿論突然決まったイベントだって行けるところなら、行ける時間があるなら行きたいって思ってるし行ってる。すきになりたてのころ、ついったなんてそんな便利なsnsなかったので、ハタチ(当時のわたしからしたらハタチなんて相当なお姉さんで大学生でキレイで可愛くてバイトして遊んで自由でたくさんお金持ってると思ってた、現実は違うって教えてあげたい笑)になってもすきだったらたくさんバイトしてたくさん追いかけようっておもってた。いまとなっては遠い昔のお話だけど、でもすきが続いていて今もこうしてひっそりと応援できていることが嬉しくて嬉しくてたまらないです。最高。

 

 

 

 


話は逸れましたが、応援スタイルは人それぞれな部分だと思ってるから、億が一この文章を読んでくださってる方がいるとして、万が一合わないなって思ってる人がいたらごめんなさい。そういえばa-nationのイベントも突然行くって決めたし夏には思いつきで仙台にも行ってきまして、まとめたいとは思っていてもなかなか進まずまとまらずのままずーっとメモに保存してあるのでいつか更新できたらな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて本題に入りましょう。

 

わたしが会場に着いたのは2〜3分早めに時間を盛ったとしても17:47で、下手したら17:50を過ぎていたくらいなんだけど、チケットどこで売っていますかって入り口のお兄さん(っていってもきっと同い年くらい)に聞いたら、どうぞどうぞこちらですまだ間に合いますよって微笑んでくれたのでやっぱりお医者さんになる人は人への対応の仕方が違うなって感じました(そこじゃない)

 

 

 

 


席ついて深呼吸3回くらいしてる間にトークショーが始まる合図が。

 

 

 

 

 

初めの登場は普通でした。普通じゃないか、黄色い歓声たくさん浴びてた。ちばくんは相変わらずかっこよかった。見るたび思うんですけどね、「あぁちばくんって生きてるんだな、この世にいるんだな」って。思考もここまでくると重症ですよね。なんとでも笑ってやってくださいの気持ちでいっぱいです。トークショーの椅子が、すごいお洒落なバーにありそうな高い椅子といいますか、立って背伸びしないと座れないような。それだったんだけど、よろしくお願いしますって挨拶するときに、マイクを持ったままちばくんが後ろに手をくんだんだけど、その椅子にマイクぶつけて「(おっ!)」ってなってるのが個人的にすごく可愛かったです。ツボな部分が細かすぎて自分でいっててちょっと、いやかなり気持ちわる!ってなりましたいま。ごめんなさい。

 

 

 

 

で、ちばくんのプロフィールが読み上げられたあと、昭和大学が医療大学だということで白衣なちばくんにお着替えするとのこと。ありがとう昭和大学。医療系であってくれてありがとう。ちばくんに白衣をきさせてくれてありがとう。ちばくんをよんでくれてありがとう。そんなどこに向けたらいいかわからない感謝の気持ちを抱きつつ、お着替えタイムを過ごしておりました。

ちばくんの再登場は、お医者さんの格好ということで「ちば先生〜!」という掛け声とともに登場してもらうというもので。司会の方のせーの!に合わせてみんなで「ちば先生〜!」

 

 

 

 

 


登場。

 

 

 

 

 

「……お注射のじかんですよ?(イケボ)」

  

 

 

 

 

 

 

…え?やばくない……???やばくない!!?っちょーーーかっこよくない!??どうしようどうしようどうしよう!え?いまお注射っていった??誰が考えたの?自分で考えたことばなの?ファンのことわかってるねちばくんね!注射大嫌いだけどちばくんが先生ならわたし頑張れる!!!!!と、内心すごく興奮していたわたしですが、絶叫マシンに乗っても簡単には叫べるタイプの人間ではなくて、こういうイベントはいつもうるうるするのを必死にこらえて見てます。ほんとうにかっこいい。かっこいい以外のなにものでもない。白衣着てなくてもかっこよかったのに着てしまったから、首に聴診器かけてるし、わたしの大好きな丸眼鏡だし。もうだめ。破壊力120パーセント。彼が瞬きするだけでわたしの心臓普段の2倍は働いていたんじゃないかな(笑)

 

 

余談ですがわたしが1番すきな丸眼鏡のちばくんの画像はこちらです。

 

 

 

 

f:id:tiiiba:20161031191620p:image

 

 

 

 

これ別に丸眼鏡云々の理由じゃなくて上位に入るくらいお気に入りの画像。透明感抜群じゃないですか?この画像ならいつまででも眺めていられる。

 

 


4学科あるらしい昭和大学ですが、ちばくんが実際になるならお医者さんかな、と。ちばくんが先生ならいつでも行くよね?微熱でも通っちゃうね?むしろ自分から健康診断とかいって月1で通うね?

 

 

 


私たちにとってはレアな白衣なちばくん、 兄に愛されすぎて困ってます の映画の役どころが毒舌研修医ということで、最近たくさん着ていると言っていました。毒舌研修医という役柄は僕にぴったり、とも。あざとさの塊め。

 

 

 


次のコーナーは質問コーナーでした。

 

 

 

 

 

 

Q.俳優業をやっていてよかったなとおもうことは?

 

 


「……こうしてみんなに会えることかな♡」

 

 


と会場中を見渡しながらゆっくりと発していました。2・3秒間をあけるってのがまず狙ってるじゃん、〝ここに来てくれた〟人たちを軽い優越感に浸させるってところもアウトじゃん、最後にハートみえたし、ゆーっくり会場中を見ていたからもうみんなイチコロでしょ、ほんっとにずるい。ちばくんわかってる。

 


ちばくんが黄色い声を浴びる中、わかっているとは知っていながらも、どんどんその魅力にはまってしまうからちばくんなんだよなあアラサーなのに。とかなんとかぼんやり考えてたきがする。しかもそのあと、「100点満点の回答じゃないでしょうか」っていったからね!!はっ!やっぱり!やっぱり100点ってわかっていってたんだずるい!!!ってなったお話はたぶん言うまでもないですよね。

 

 

 

 

 

Q.すきな女性のタイプは?

 

 

 

「ロングよりショートよりボブがすき」


「束ねた髪のサイドが染められている髪型がすき」


「モード系・モノトーン系の格好がすき」

 

 

 

 

いやね、司会のお姉さんはロングかショートかって言ったんだよちばくん!中間地点を答えないで!!っておもったし、おそらく学生がおおいと知っていながら染められないのも承知の上でサイドを染めてる髪型がいいとかいってたり、終いにはモノトーン系ですよ!いやわたしだいすきだよモノトーン系!むしろそっち系の服しかもってないけどさ!モード系・モノトーン系がタイプって聞くたびにおもうのは、ちばくんブログのタイトルパステルカラーだったくせに!!!です(笑)まあこれ今は全く関係ないけど。白黒はっきりがタイプなんよねきっと。「どこ行きたい?」「どこでもいい〜」の会話はいつも嫌だって言ってるもんね。淡く彩られているのはブログの中の日常のみ?モノトーンとパステルカラーが正反対を走りすぎててわたしは少し戸惑う。ほんとのちばくんはどっちだ!(ちなみにわたしはモノトーンと踏んでおります)

 

女子高生からの「制服は(すき)〜?」という投げかけには「まあすきっていったら語弊があるよね、嫌いじゃないけど(笑)」って。もうそろそろ卒業だろうけど自分も着れちゃうくらいの童顔さんだもんね〜そこまで嫌いになってしまったら演技はできないか(贔屓目)とおもいながら見ていました。

 


ちばくんってどんな女の子がタイプかなあ。芸能界にいるような人だから美人さんにはたくさん会っているだろうし。冷静にね、こんな顔じゃね、彼女いるよなあなんて思ってみたり。反対はしないしそろそろいい年だから結婚だなんてことも十二分にあり得るだろうし彼女のスクープかかってこいや!って感じなんですけど、実際出たら3日は究極に落ち込むだろうし、そこから2週間は凹み続けるとおもう。矛盾。でもちばくんが選択したことは応援したいわたしもいるから最終的には応援できたらな。はい逸れた。話が逸れた。

 

 

 

 


Q.今まで演じた役の中で、1番自分に近いなと思う役は?

 

 

 

「友達とか周りの人たちには(家売るオンナの)足立って言われることがおおいです。自分に近い……?(考え込む)」

 

 


「(アオハライドの)菊池くんは?」

 

 


「僕はもっとねじ曲がってるんで(即答笑)」

 

 

 

 

ちばくん笑い誘うの上手くなったなあってすごく客観視してしまいました。まあ確かにわたしも菊池くんすごくすきだし、原作読んでいた時からちばくんに似てるなあと思っていたから実写化された時は本当に嬉しかったけれど。僕はもっとねじ曲がってるって(笑)ファンフィルターにかかればいつだってちばくんは菊池くんのように見えてしまうんだよ〜!ってことを教えてあげたい。それがプレッシャーなのかもしれないし、「は?w俺の何を見てるの??www」って思うかもしれないけど伝えたい。ファン、少なくともわたしから見えるちばくんは、優しくてあったかくてふんわりしてるよ。最近あざとさが全面に出てるけど(笑)見てると嫌なことも疲れたってことも全部吹っ飛ぶのよ。そんな存在なんだよ〜!

 

ただあざとさの案件については本人も自覚しているらしく、「最近何言っても『どうせわかってやってるんでしょ?』ってなるんですよね。まぁ役の影響とかもあるんでしょうけど、普段はもっといい子なのに」って。そこだ!ちばくん、そこがあざといんだ!!みんなに「おい!」ってつっこまれるようなこと言うからあざとくなってしまうんだ!!!

 

 

 

 

Q.(黒崎くんの言いなりになんてならないの)白王子の台詞を聞きたい

結論から言うと、最終的にちばくんの口から聞けた台詞は

 

 


「僕の言いなりになってみない?」

 

「(お風呂のシーン)…あちっ……やっぱやめとくぅ」

 

「押して?スタートボタン」

 

「……尻軽女」

 

 

 


の4つでした。最近やってってよく言われるんですよ〜と言いながらも、少しキメ気味に「僕の言いなり(以下略)」を言ってくれて、「あちっ……(以下略)」は、可愛いスイッチオンにしてくれて、もう特にお風呂のシーンのあの台詞は黒崎くんの中でもわたしランキング1位2位を争うくらいすきな台詞だったから、それだけでもトークショー行った価値あったなとおもった。そこからはあとからの観客のリクエストに応えるカタチになったのだけれど、「押して?スタートボタン」はちばくん軽率に押させすぎだし、ファンも軽率に押しに行きたがりだし(後者は当たり前の現象笑)あんなかわいかっこいい顔に「尻軽女」なんて言われたらたまんねえな、と終始興奮しながら耳にちばくんの声を焼き付けておりました。

 

最後の最後に、最近一発芸になりつつある(笑)とかいってたけど一発芸テイストにしてるの自分だよちばくん!!?毎回のように照れてなのかはわからないけど最後におふざけ入れちゃうから一発芸になってしまうのでは!?(笑)聞けるなら聞けるで単純ファンにはたまらないプレゼントだけどね!嬉しいからわたしは一発芸だろうがなんだろうがいいんだけどね!

 

 

 

 

 


【ちばくんからみんなに質問】


Q.どんな役の自分をみたい?

 

 


「ちゃんと恋が実る役」

 

「犯人とかブラックな」

 

 

 

 

 

ほんっっとうに最近実らない恋の役が多いから、「実る恋の役」っていうのは大賛成です。ちばくんがハッピーでいてくれればわたしは嬉しいし、尚且つちばくんが演じる役がハッピーならもっと嬉しい。〝最強の当て馬ポジ〟最高です。司会のお姉さんの言葉のチョイスも最高。拗ねてるちっくなちばくんの可愛さったらこの上ありませんでした。ただわたしがひとつ思うのは、わたしは、通づるところで言えばアオハライドの菊池くんのような、黒崎くんの白河くんのような、ヒロインちゃんを追いかけるけど最終的には自分の気持ちに蓋をしてヒロインちゃんの背中を押すような、そんなキャラクターがすきだからこそちばくんの深みにはまっていくのではないかということです。だってかっこいいじゃないですか。もちろんヒロインちゃんとそのすきな人っていうのは、各漫画で性格は違えど大体みんなが惚れてしまうようなキャラクターだけれど、ヒロインちゃんを追いかけるキャラクターって、どこの漫画でも大抵自分の気持ちに嘘をついてまでヒロインちゃんを応援する。健気すぎやしませんか。応援したくなってしまいませんか。わたしがすきになるようなキャラクターをわたしがすきな俳優さんが演じているから、だからちばくんにどんどん魅了されてくって、そういう部分もあるのかなって思います。

 

ブラックな役に関しては 一瞬 fallen angel 思い出したけど、あれそもそもが怖くて見れてないんだよなあ(笑)そろそろ年齢もお姉さんになったし見られるかしら。「悪役っぽい?それとも真逆だから見たい?」というちばくんの問いに対しては、「おそらく世間は悪役っぽくないんだろうけどわたしはイェア☆なちばくんを見てこなかったわけではないから(本当のちばくんなんてどちらかわからないけど)悪役っぽくないわけではない(笑)」と答えたい。ちばくんにはキラキラ輝く王子様よりも、犯人というよりも、ついったでは数度つぶやかせていただいておりますが、黒の女教師の望月くんのような、影があってツンケンしてる役を演じていただきたいです。本当は誰よりも優しくて周りを気にしているのに、人に温かく接せない、そんな役。ドラマの回数を重ねる中で葛藤して爆発もして、でもそこで更生して最終話には素直な人間になりますみたいな、そんな役。

 

 

 

Q.ちばくんが(家売るオンナの)足立だったら最後白州ちゃんにキスする?

 

 

 

「キ……ス…………でしょ?うーん、そうだよねえ、男性陣に逆に聞きたい」

 

「すきじゃないのになんでキスしなきゃいけねえんだってなりますよね!(笑)」

 

 

 

全くもってその通りですわ!すきでもないのにキスなんてしちゃいけません!はれんち!でも足立王子、あのとき「僕普段なら全然できるのに」発言してましたよね!?あれ問題では!??はあ〜〜もうひとたらし!!!最終的には何もなかったにしろ、公的に足立王子とべたべたできた白州ちゃん羨ましいなあ。その翌々週くらいには時差あるもののイモトすんごい山(イッテQの企画のやつ)登ってたから尊敬しても物足りないしなあ。ところであの企画って、涙なしには見られないよねえ…しみじみ……

 

 

 

 

Q.学生のうちにやっておいたほうがよかったことは?

 

 


「(この会場)大学生が多いと思うけど、大学生って1番時間あると思う。バイトしたりしてて気づかないけど、もっと学生のうちにできること…海外旅行とか、しておけばよかったかなって思います」

 

 


「ちなみにどこでバイトされていたんですか?」

 

「あ、スタバです。ウィキペディアにも載ってます(笑)」

 

「あ(笑)ちなみに1番得意な(すきなだったかな)メニューは?」

 

キャラメルマキアート

 

 

 


結局、すきなことをするためにはお金が必要で、お金を手に入れるにはアルバイトしか方法がなくて。だから遊びつつ働きつつっていう方法がいちばんいいのかもしれないけれど、わたしは容量が悪いからなあ。わたしはいまはとりあえず働く期間。ディズニー、塾講師、スタバってのは、学生のうちにやっておくといいアルバイトトップスリーに入るらしいじゃないですか。わたしどれもやってないけど。スタバって。スタバってお洒落だよね。働いていたのは知ってたけど、生で本人の口から聞ける機会を得たことはなかったからなぜか拝みたくなりました。ありがとうスタバ。当時ちばくんを雇ってくれた面接担当さんもありざとう。スタバって、新作が出るとほぼほぼ毎回利用させてもらうけれど、あんなにかっこよくて可愛くて顔小さくて、マイナスイオン放ってそうでかっこよくてかっこよい店員さん見つけたら常連さんになりたくなっちゃうね。同じ時代に生きていられるだけでも感謝したいくらいなのに、あと2・3年ちばくんが子供で、あと2・3年はやくわたしがお姉さんになっていたらちばくんの働くスタバ通いも夢じゃなかったかななんて考えてしまいます。変態。

 

 

 

Q.吉沢さんと中川くん以外に仲の良い芸能人は?

 

 

 

「最近会ってないけど、連絡を取ったのは中島健人くん。ご飯に行ったのは…工藤阿須加くんとか。あ、あとこの前山﨑賢人くんから『焼肉行くんですけどばーちーさん行きましょう』って誘われたけど、ちょっと予定入ってていけなかった」

 

 

 

ジャニーズの健人くんも、俳優の賢人くんも、ちばくんをありがとう。たぶんちばくんは自分からガンガン誘うようなタイプではないと思うから、誘ってもらった話を聞くだけで軽率なファンは軽率すぎるほどに湧きます。だって山﨑賢人くんて!最後に共演したのいつよ!!(号泣)山﨑賢人くんだって忙しいだろうに〜〜(泣)わたしの人間関係スタイルを押し売りしたらいけないけれど、誘ってくれる人はぜひ大切にしてほしい!用事があったのなら仕方がないけど!今度は是非ちばくんから誘ってあげてほしい…!って10歳弱年齢離れた人間の大先輩になに説教じみたこと言ってるんだわたしは、、

 

 

 


Q.すきなことばは?

 

 


「はじまればおわる」

 

 

 

嫌なことがあるときでもこれだっていつかは終わるって思ってがんばる、逆に楽しいことが始まるぞって考えながらっていうちばくん、なんだかもう眩しくてみることができませんでした。なんだろう。すごくかっこいい。いやわたしの目に映ればちばくんはいつだってかっこいいんだけど、その数百倍はかっこよく見えた。言葉のチョイス素敵すぎる。ちばくんのボキャブラリーわたしほしいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼントコーナーがあったんだけど何が何個って忘れました(笑)

 

 

 

ただ「眠れない」に対して「そんなこと言ってたいていの人は寝るんだよ(笑)」って。冷たいし間違いないわ〜と思った(笑)でも眠れないファンの方の気持ちだってわたしはわかるんだ。客席にいるだけだったはずのわたしが、ちばくんの視界に入れてしかも名前まで聞いてくれた。トークショーが終わったら忘れちゃったとしても、ちばくんが目を合わせて笑ってくれたって。もうこんな出来事墓場まで持って帰りたいですよね!!

 

 


最後去って行くときに、「投げキスして 」と「バーンして」にたいして、そんな安くないといいつつ軽くチュってしてたし、バーン☆ってチャラついて返してたのまじめに世界遺産にしたいくらい。最高にかっこいい。

 

 


公演中のBGMもフライデーマジックとか、ひまわりの約束とか、家売るオンナの主題歌とか、高まるものばかりで運営さんには感謝感謝でした。

 

 

 

 


会うたびすきになっていくけど会うたび遠くへ行ってしまったような感覚で。応援される人とする人という立場からしたら、もともと近くはないんだけどね。6年強すきをやっていると、自分も10代だったからかなり成長したところもあると思うけど、周りの人たちもだいぶ変わったなあと思う。「ちばくんといえば」がキングだった時代だから、お洒落なお姉さんが多かったけど今は断然女子中高生。批判しているわけではなくて、私も年代的に お姉さん の方に来てしまったんだなあと思うのです。いいようなわるいような。まぁまだまだ抜け出せる気はしませんがね!(笑)

 

 

 

 

 

 


以上!昭和大学のレポ?というか私の記憶メモでございました!


.